内容証明郵便相談窓口ホーム ご相談ご依頼はこちら

競馬詐欺の被害相談窓口
内容証明郵便相談窓口〜内容証明でお悩み解決〜

競馬情報詐欺(競馬予想詐欺)被害に遭い、
詐欺被害金の返金要求したい方は香川行政書士事務所まで。
解決までサポートを致します。決して諦めないで下さい!

競馬情報詐欺とは

競馬情報会社に対する法的主張

■競馬情報詐欺とは


競馬情報会社から、


  • 『競馬は投資です』
  • 『必ず当たる出来レースがある』
  • 『外れることはありえない』
  • 『必ず1000万円以上になる』
  • 『着順が全て決まっている』

などと説明を受けませんでしたか?
全く同じではないにしても、必ず儲かる、損をすることは有り得ない、
という前提で説明を受けませんでしたか?もしそうなら、



すでに競馬詐欺に遭っています。



競馬はギャンブルです。だから、競馬は投資でもありません。
競馬は、いくら予想をしても確実に儲かるはずがなく、
馬券の購入代金は投資金ではなく、単なる掛け金です。
競馬は投資であり、予想した馬券が確実に利益を生むかのように
説明する競馬情報業者は間違いなく詐欺目的です。



事実、競馬情報を既に購入した方にお尋ねしますが、


  • 提供された競馬情報の通りに馬券を購入したが全て不的中だった
  • お金を支払ったのに、情報が漏洩したとレースが中止になり、次のレース情報料を請求された
  • オッズ(配当)が上がったから追加情報料金が必要になった、と追加請求された
  • レースは外れたのに、HPには的中したように掲載されていた
  • 返金を要求したところ、既に情報元に支払っているから返金できないと言われた
  • 返金には応じられないが、代わりに競馬情報を提供する(ポイントを返還する)と言われた
  • 支払ったお金を取り戻せるまで無料で情報を提供し続ける代わりに、以降返金要求できなくなる条項が盛り込まれた和解書を交わすことを要求された

というような状況に陥っていませんか?



だからといって
泣き寝入りすることは是非止めて下さい。




ちなみに、競馬予想ソフト販売会社にしても、
常識的に考えて異常に高確率で、確実な利益を約束している業者は
当然避けた方が無難です。



競馬詐欺被害相談窓口HPはこちら




■競馬情報会社に対する法的主張


競馬情報の説明に問題があります。
当事務所としては競馬情報会社の全てが詐欺だとまで断定しているわけではありません。
なぜなら全ての予想された競馬情報を試した訳ではないですし、
必ず儲かるような説明をせず、リスクの説明をきちんと行っておけば良いからです。



しかし、ほぼ全ての競馬情報業者が、当社の競馬情報を入手すれば確実な利益を得られる旨の
嘘の勧誘を行っておりますので、業界全体が詐欺行為を行っていると言えます。



それらの業者に対して下記の法的主張をすることができると思われます。
<消費者契約法第4条1項1号 不実告知>
 業者が、契約の重要事項につき不実(うそ)を告知し、消費者がその不実を事実と誤認して契約を締結したと言える場合、契約を取り消し、返金を要求することができます。

<消費者契約法第4条1項2号 断定的判断の提供>
 業者が、消費者が勝てるかどうか見通しが難しいものについて断定的な判断を提供したことにより、消費者がその断定的判断を事実と誤認して契約を締結したと言える場合、契約を取り消し、返金を要求することができます。


<民法第95条 錯誤無効>
 業者が、必ず勝てるんだ、損をすることはないんだ、と消費者を信じ込ませ、その結果消費者が錯誤(勘違い)に陥り、契約をしてしまったと言える場合に契約の無効と返金を要求することができます。

<民法第96条 詐欺による取消>
 業者が、消費者を積極的に騙す意思をもって虚偽の事実を説明し、消費者が錯誤に陥ったのに乗じて契約させ、金銭を交付させたと言える場合に契約を取り消し、返金を要求することができます。



競馬詐欺被害相談窓口HPはこちら




内容証明郵便相談窓口ホーム ご相談ご依頼はこちら